仕事とは自己表現だということが本当に腑に落ちた

本当の仕事ワークショップのご感想

新開 晴美さん(40代 女性)

このワークショップで何を得たいと思って参加しましたか?

去年のコンセプティングセッションによって、自分のオリジナルメソッド「円満ライフメソッド」が完成した経緯もあり、今回は、次なるセクシャリティを扱うオリジナルコンテンツの完成に向けて、新たなインスピレーションが湧き上がってくることを期待して受講しました。

あなたがこのプログラムで得られたこと、あるいは得られなかったことは何ですか?

・仕事とは自己表現だということが本当に腑に落ちた。 
・ワクワクに従ってとか、好きを仕事にとはよく言われることだけど、魂が潤う「純粋意欲」を掘り出していった先に、それを繋げ形にしてゆくことで、自ずと自分の感性が喜ぶものが仕事になってゆくプロセスを体感できた。
・4つのメガネを探究することで、仕事観への固定観念が取り払われる。

このプログラムの内容で、特によかったことは何ですか?

・ワークを通してステップを踏みながら深められるところ。
・意識を、過去、未来、今、と自由に行き来しながら探究してゆくワークによって、人生そのものの棚卸しにもなり、また夢の実現、未来創造までできるところ。
・みんなの気づきにインスパイアされて、閃きが起きたこと。
・純粋意欲を話すことによる共鳴を体感できた。

ワークショップリーダーの在り方はいかがでしたか?

・しょーちゃん、初のソロファシリ、お疲れ様でした!内容、構成、展開ともに素晴らしかったです。
・本当に、今この時、受講できてよかった。
・しょーちゃんがこのワークショップを通して伝えていきたいことがひしひし伝わってきた。
・純粋意欲で動くと、こういうことになるんだね!

その他なんでもご自由に

ひとつだけ、しょーちゃんの話は誠実さと熱意を同時に感じる話し方だし、すごく大事なことを言ってくれてるので、しょーちゃん自身が、ラストに言ってたトラウマによる「話長いですね、早くワークに行けよって感じですよね」とか「ワークも多くて疲れちゃいましたね」的な言葉は、本当に挟まなくていいと思う!
私は、あの言葉を聞いた時に、そんなことないよ、と言いたくなると同時に、集中して話を聞いてるし、ワークにも取り組んでるから、そんなこと言わないで!って思ったよ。

あなたはこのプログラムを他の人たちにも薦めたいと思いますか?もし薦めるとしたら、どのように薦めますか?

・起業してみたはいいけど、なんかやってることが違うような気がしてる、とか、自由になりたくて起業したのに、なんか楽しくない、みたいな人に勧めたい。
・ワクワクを仕事に、好きを仕事にってよくいうけど、その、ワクワクや好きをもっと掘り下げて、本当に自分の魂が喜ぶ仕事を創る方法を知れるWSがあるよ!ってオススメする。

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)