自我は身体の声

テーマが決まらないまま始まった第4期社内研修も今週末には第2講がきてしまう。
このままではテーマのないまま半年が過ぎてしまうので頭を捻りまくっているのに一向に決まらない。

そもそもテーマに悩んでいるのは3期までやってきた社内研修に
何かが欠けていると感じさせられることが年末から年明けにかけて起きてきたことだ。
突き詰めて考え、内観を続けて感じたのは『社員さんと深いところで本音で繋がれてない』という感じ。

良くいえばそれだけ深いところまできたとも言えるが、浮上した以上は深さを言い訳にみなかったことにはできない。

何故なら、うちの会社の社内研修は講師のあーきぃと僕の合意のスタンスとして
社内を社長の心の絵図として見立てながら進めていく。
だから社長は常にエッジに立たされる。ああ怖ろしいや。

会社は社長が自由に表現できる立場にいるゆえに、社長の心の絵図が社内に鏡のように映しだされる。
社員さんと本音で繋がれていないのは『社員さんのためにやってるのに』という取引が僕の心の深くにはあって、
それはつまり僕が本音ベースでの繋がりを怖れているから。
そしてそれは『自分の本音と繋がることを怖れている』ことの写し鏡でもある。

僕がもっとも繋がることを恐れている僕の本音。
『本気で社長をやりたいと思っているわけでもない自分が社長をやっていてはいけない』
この罪悪感がある。それを払拭するためにずっと学んできたし、
何度もここと直面して切り替えもしてきたけど、払拭できたわけではない。
気を抜くと轍のようにここに嵌っていることがよくある。

そこで講師をしてくれているセラピストのあーきぃが
『本気で社長をやるという選択肢が抜け落ちてるよね』と一言。

それからずっと『僕にとって本気で社長をするとは?』と問いを投げ続けていたある日。

『自我は身体の声』

という言葉が降りてきた。

“感情は身体の声“というのは誰かの著書で読んだことがあるけど
感情だけでなく性格やパターン化された反応も併せて自我は身体の声。

そう思ってみると何となく腑に落ち感がある。
検証すれば疑問も湧くだろうけどたぶん方向性としては合ってる感。

本気でやるって愛とか喜びに繋がるんだろうけど
その愛とか喜びって自我(エゴ)のものなのか自己のものなのか分からなくなる。
これまでの社内研修も自己からの愛と思ってたけど自我からだったと気付いたわけだし。

でも自我は身体の声と思うと自我と自己の分別がつく気がする。
身体と自我を一体とみなせば、身体と自己。ここは分別がつく感覚がある。
あ!これで自我と自己の同一化から抜けやすくなった!と思った。
ぼくが何度もはまる轍もここと関係がある気がした。

自我は身体の声に理性が加わって、ちょっと過保護になったりするんだ多分。
自我は自分を100%で愛してくれているから過保護にもなったりして、
身体の声なのに身体の求めていることとちょっとズレたことを言ったりする。
そしてこれが分離に感じる。
AIに自我が目覚めたら?なんていう怖れもきっとこんな感じかも。
だから自我は身体と一体としてみた方が本当のことが分かるし、それを観ている自己を感じやすい。
今までは自我も観てるし自己も観てて観照者が2人もいると思ってたから
いま自分は自我と自己のどっちで観てる?と問われても分からなくなってたんだと気付いた。

それで改めて自己として僕が何を喜びや愛と感じて本気になるのか?と問いを立てたら
『色々と試すこと、変えてみること、実験すること』だった。
それなら経営者って色々試すことのできる立場で都合が良いよね。
つまり色々試して変えて実験しつづけることが僕が本気で経営をすることであり自分と繋がること。
僕が経営をするのは社員さんのためにではなく、
色々試し変え実験して自分と繋がるため。ここをブラさずやることが大事なんだな。

で、社員さんと本音で繋がるのは、、、その先に見えてくるかな?ということにしとこう。

とりあえず社内研修のテーマは『自我と自己の分別をつける』、、、
これだと仕事とかけ離れて感じて社員の皆にはきっと伝わらないだろうから
『ものごとと自分を客観的にみる力を高める』にしよう。

ふぅ。やっと決まった。
社内研修のテーマ決めはいつもこんな感じだけど、今回のは特に長かったな。

One thought on “自我は身体の声

  1. かおり より:

    改めて、ブログの開設おめでとうございます♫
    「自我は身体の声」という発想、すごく面白いですね

    こうやって探究や実験を繰り返すことですごく深いところと繋がっていく。
    その深さは下に潜るようであり、次元を超えた高さにひらいているようであり・・・
    これからのブログもすごく楽しみです。

    自我との一体化から抜け出す方法として、
    四魂の窓を入り口とした天命ワークはお役に立てるかもとワクワクしています。

    無料モニターセッションの日にちについて個人メッセさせて貰いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)