クリエイション

NHK プロフェッショナル
仕事の流儀・選
「宇多田ヒカル スペシャル」

録画して何度もなんども観ている

彼女の言葉が魂に響くからだと思う

「ものづくりは冒険
やれることをやっても
本当に意味がないと思っているので
やってみて どうなるのか分からない
もしくは やれるかどうか分からないことを
やるっていうのが
ものをつくる現場」

やれることをやっても意味がないのは
彼女のようなアーティストに限らないのだと思う
全ての仕事にその要素はあるのだと思う

冒険すること
そのクリエイトに
仕事をする喜びがある気がする

そう思ったら
最近、経営を勉強するコミュニティで
担当する作業が立て込んでいて
ネガティブな感情を感じていたことに対して
クリエイションの機会をもらっているという
視点が欠けていて反省して感謝した

クリエイション
喜び
仕事というものを
見つめていこうと思う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)