内なる対話

問う

なぜ不完全を味あわねばならぬのか?

一で在りながら全を生きること

それは愛を万感する幸せであるが

その為には全で在ることをやめ

一を通らねばならない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)